ママの気持ち一つで子供のアトピー性皮膚炎は改善する

コーチングを取り入れたら、わが子のアトピーが改善した!?

”コーチング(coaching)”というのは、ざっくり言うと、対話(言葉によるものだけでなく、スキンシップやアイコンタクトなども含む)を通じて相手のやる気や能力、可能性を引き出すためのコミュニケーション術です。

 

この技術を子供に対して適用すると、子供が何を考えているのかがわかるようになり、それを踏まえた上での対応や言葉がけができるようになります。その結果、こちらの要望が子供に受け入れてもらいやすくなり(言うことを聞いてくれるようになる)、ママ(母親に限らないのですが、子供への影響度合いが最も大きいのは母親なので、本稿ではママと表現)はイライラが減るのです。

 

ママのご機嫌がよくなると、子供の機嫌や体調がよくなります。
アトピー性皮膚炎を含め、子供の持病が大きく改善するケースすらあるのです。

 

アトピーもわが子の一部と受け止める

コーチングによって子供との関係が改善されるのは、コーチングという技術の最重要ポイントである、『まずは相手の気持ちを受け止める』ということに起因します。

 

子供は、たとえ要求通りにならなかったとしても、自分の気持ちがママに受け入れられた、ということに安心を得ます。
心が落ち着き、気持ちに余裕ができることで、ママの言っていることを聞いてみよう、という気になるのです。

 

そして、心と体は繋がっており、子供の場合は特にその傾向が強いので、精神的な安定がそのまま体調の安定に繋がるのです。

 

逆に、頭ごなしに否定されると、子供は自分の気持ちが無視された、存在が否定された、と感じます。
『否定される』というのは、実は子供に限らず、生物にとって、とても大きなストレスなのです。
結果、気持ちに余裕がないので、相手の話を聞こうなどとは思えないのです。

 

ママが「我が子がアトピー性皮膚炎なのは私のせいだ、ごめんね」と罪悪感を感じていると、子供は「私がアトピーだからいけないんだ」と自分を否定してしまいます。
時には、「病院を吟味し、徹底的に掃除し、着るものや食べ物に注意を払い、…と、子供のために私はこんなに頑張っているのに!!」とイライラすることもあるでしょう。

 

そのこと自体は悪いことではありません。
我が子に、アトピー性皮膚炎の治療に、真剣に取り組んでいる証拠と言えるのですから。

 

けれど、その精神状態が続くことは、良いとは言えません。
子供は「アトピーの私なんていない方がよかった」と考えるようになるためです。

 

どちらにせよ、アトピーの存在のみを否定している、というより、アトピーである”自分を”否定しているので、子供の感じているストレスはとても大きく、そのストレスがアトピーを悪化させる、という悪循環に陥るのです。

 

アトピーは不治の病でも難病でもなく、症状のコントロールが可能な、治る病気です。
アトピーもわが子の一部、この子の個性なんだ、とおおらかに受け止め、気長に付き合おうと考えた方が、結果的に早く症状が改善され、寛解ないしは完治に至りやすいのです。

 

できないことをあげつらうより、できることに目を向けましょう

親が思っているほど、子供はアトピー性皮膚炎というものをマイナスに感じていない、というパターンは意外に多いのです。

 

アトピー性皮膚炎自体より、それによって親が悲しんだりイライラしたりすることを気にしているものです。
我が子が痒そうにしていたり、他の子と同じように過ごせないさまを見れば、かわいそうだ、何とかしたい、と思うのは、とても自然な気持ちです。

 

けれど、そこでママが「この子はアトピーだから、あれもできない、これもだめ…」と考えると、子供もそれをお手本に、そのように考えます。
ここはママが率先して、「この子はアトピーだけど、(他の子と同じように)あれもできるし、これも食べられるじゃない」と、見方を変えて考えましょう。

 

できることに目を向ければ、気持ちが前向きになります。
その明るさが、アトピーの症状の改善に有効なのですから。

 

私はコレでアトピーの痒みから開放されました!

関連ページ

アレルゲンってなに?もしかしたら私にも関係ある?
アレルゲンとは?という疑問にお答えいたします。
アレルゲン発見は早期に!検査方法があった
最近ではアレルゲンを検査してくれる方法があります。これで1度検査すれば、ご自身にどんな危険があるかわかりますね。
いろいろあった!アレルゲンの表示方法と決まり
意外と知らなかったアレルゲンの表示方法についての決まり事をお伝えいたします。
アトピーの原因は遺伝なの?
アトピーは遺伝するのでしょうか?アトピーの原因について綴ります。
アトピーの人が食事で気をつけるべきこと
アトピーの人が食事で気をつけるべきことについて綴ります。
アトピーの特効薬に期待大!
アトピー性皮膚炎の患者は今までは対症療法しか施されず、アトピー性皮膚炎の特効薬ができれば、根本的な治療ができると期待されます。
アトピーは漢方で治す!
アトピーはストレスのような外的要因から、内臓の問題までと様々な要因が絡んでいます。そのため、漢方薬を飲むことで、体本来の調子を取り戻してやると自然とアトピーも治まっていきます。
過剰摂取に注意!アトピーが悪化する食品
こんな食品を摂るとアトピーが悪化してしまう。そんな食品群をご紹介します。
漢方薬によるアトピーへのアプローチ
アトピーの治療といえば、ステロイドなどの薬を使って行う西洋医学が主ですが、東洋医学でも漢方薬を使ってのアトピー治療が行われています。
アトピーに天然素材100%の衣類が良いとは限りません!
アトピー性皮膚炎を発症している時、化学合成繊維の製品を避けた方が無難です。であれば、天然100%であれば大丈夫かというと、そうでもないのです。
アレルギー改善にとって良い食品とは?
「アレルギー改善に良い食品」とは、アレルギー因子の活動を抑え、免疫細胞のバランスを整える食品の事を言います。具体的に見ていきましょう。
アトピーは温泉水の宅配で治せ!
アトピー治療のために、温泉にまで行くというのは至難の業。だったら、温泉水を宅配してしまえという発想で始められるのが温泉水の宅配療法のいいところ。
アトピーと酵素の関係
酵素不足がアトピーを引き起こす?酵素を補うことによりアトピーが完治する?果たして・・・
アトピーにステロイド外用薬が処方されるのはなぜ?
ステロイドだからと毛嫌いせず、医師や薬剤師と相談し、正しく安全に使って少しでも早くアトピーの症状の改善をはかりましょう。
ヒアルロン酸サプリがアトピー改善の切り札!
アトピーに苦しんでいる場合、サプリメントでヒアルロン酸を摂取し体の内側から潤いを与えると効果的です。
アトピー性皮膚炎の治療のゴールは?
アトピー治療は長期に及ぶことがほとんどです。そのため病院側の考えるゴールと自分の考えるゴールを一致させることが不可欠です。
アトピー性皮膚炎は完治しない?
一般的に、アトピー性皮膚炎の治療のゴールとしては、完治と寛解があります。両者の違いについて説明します。
アトピー性皮膚炎改善の漢方医の判断基準
アトピー性皮膚炎改善のための、こういう漢方医なら信頼できるだろう、というチェックポイントを記します。
アトピー性皮膚炎患者はなぜ乾燥肌なのか?
深刻な症状の一つが皮膚の乾燥ですが、なぜアトピー性皮膚炎では乾燥肌になってしまうのでしょうか?