過剰摂取に注意!アトピーが悪化する食品

 

食生活がアトピー性皮膚炎の症状に密接に関係していることが、今までの研究で明らかになりました。
その結果、食べない方がいい食品も分かってきて、
アトピーの人はこれらの食品を絶対に食べないと決めていると思います。

しかし、ここで大事なのは「全く食べない」という方法を選んでしまうと、
それはそれで栄養素の不足という不具合が出る場合も多いので、
ゼロにするのではなく、過剰摂取を控えていうスタイルがベストです。

アラキドン酸

戦後あたりから日本人の食生活が大きく変わり、動物性脂肪を多く摂るようになりました。
もちろん、これらの動物性脂肪は健康的な生活を送る上で必要なものです。

 

例を挙げると、牛肉や豚肉の脂に入っているアラキドン酸は、
ほ乳類にとって必要な脂肪酸であることが認められており、
欧米では乳児用のミルクにも添加物として入っています。

 

しかし、このアラキドン酸には炎症を悪化させる「プロスタグランジンE2」と呼ばれる成分が入っていて、
摂取しすぎるとアトピー性皮膚炎を悪化させてしまう恐れがあります。

 

牛肉や豚肉は注意していないと過剰摂取になりがちですので、注意が必要です。

ヒスタミン

チョコレートやお菓子も、過剰摂取すると炎症やかゆみがひどくなったという例が多い食品です。
これは、ヒスタミンと呼ばれるかゆみの原因物質が多く含まれるからです。

 

チョコレートはヒスタミンに加えて、砂糖・油・その他の添加物も
アトピーと相性がよくありませんので、過剰摂取には厳重に注意が必要です。
あと、お菓子にはつきものの人工甘味料も悪化例の報告が多く、要注意です。

 

今の食生活はとても豊かになった反面、
無意識に食べていると過剰摂取になりがちです。

 

そうするとアトピー性皮膚炎のような体の免疫システム上に
なんらかの異常を起こす人も出てきます。

 

自分がどのような食べ物に対して良くない反応を持っているのかをよく知った上で、
健康上不足が出ないように減らしていくということが、アトピー性皮膚炎を抑えながら、
将来的な健康を実現するといったことにつながっていきます。

 

私はコレでアトピーの痒みから開放されました!

関連ページ

アレルゲンってなに?もしかしたら私にも関係ある?
アレルゲンとは?という疑問にお答えいたします。
アレルゲン発見は早期に!検査方法があった
最近ではアレルゲンを検査してくれる方法があります。これで1度検査すれば、ご自身にどんな危険があるかわかりますね。
いろいろあった!アレルゲンの表示方法と決まり
意外と知らなかったアレルゲンの表示方法についての決まり事をお伝えいたします。
アトピーの原因は遺伝なの?
アトピーは遺伝するのでしょうか?アトピーの原因について綴ります。
アトピーの人が食事で気をつけるべきこと
アトピーの人が食事で気をつけるべきことについて綴ります。
アトピーの特効薬に期待大!
アトピー性皮膚炎の患者は今までは対症療法しか施されず、アトピー性皮膚炎の特効薬ができれば、根本的な治療ができると期待されます。
アトピーは漢方で治す!
アトピーはストレスのような外的要因から、内臓の問題までと様々な要因が絡んでいます。そのため、漢方薬を飲むことで、体本来の調子を取り戻してやると自然とアトピーも治まっていきます。
漢方薬によるアトピーへのアプローチ
アトピーの治療といえば、ステロイドなどの薬を使って行う西洋医学が主ですが、東洋医学でも漢方薬を使ってのアトピー治療が行われています。
アトピーに天然素材100%の衣類が良いとは限りません!
アトピー性皮膚炎を発症している時、化学合成繊維の製品を避けた方が無難です。であれば、天然100%であれば大丈夫かというと、そうでもないのです。
アレルギー改善にとって良い食品とは?
「アレルギー改善に良い食品」とは、アレルギー因子の活動を抑え、免疫細胞のバランスを整える食品の事を言います。具体的に見ていきましょう。
アトピーは温泉水の宅配で治せ!
アトピー治療のために、温泉にまで行くというのは至難の業。だったら、温泉水を宅配してしまえという発想で始められるのが温泉水の宅配療法のいいところ。
アトピーと酵素の関係
酵素不足がアトピーを引き起こす?酵素を補うことによりアトピーが完治する?果たして・・・
アトピーにステロイド外用薬が処方されるのはなぜ?
ステロイドだからと毛嫌いせず、医師や薬剤師と相談し、正しく安全に使って少しでも早くアトピーの症状の改善をはかりましょう。
ヒアルロン酸サプリがアトピー改善の切り札!
アトピーに苦しんでいる場合、サプリメントでヒアルロン酸を摂取し体の内側から潤いを与えると効果的です。
ママの気持ち一つで子供のアトピー性皮膚炎は改善する
子供のアトピーはママの気持ち一つで改善できる可能性があります。
アトピー性皮膚炎の治療のゴールは?
アトピー治療は長期に及ぶことがほとんどです。そのため病院側の考えるゴールと自分の考えるゴールを一致させることが不可欠です。
アトピー性皮膚炎は完治しない?
一般的に、アトピー性皮膚炎の治療のゴールとしては、完治と寛解があります。両者の違いについて説明します。
アトピー性皮膚炎改善の漢方医の判断基準
アトピー性皮膚炎改善のための、こういう漢方医なら信頼できるだろう、というチェックポイントを記します。
アトピー性皮膚炎患者はなぜ乾燥肌なのか?
深刻な症状の一つが皮膚の乾燥ですが、なぜアトピー性皮膚炎では乾燥肌になってしまうのでしょうか?