睡眠時随伴症の原因と対策

睡眠時随伴症とは

睡眠時に起こる異常行動を総称したものを睡眠時随伴症と言います。
一般的には小児や青少年に見られることが多く、成人すると睡眠時随伴症は消失することが多いとされています。

 

睡眠時随伴症の主な症状には、下記のようなものがあります。

 

夢遊病

小児期後期、青年期に多く見られる症状です。
睡眠中に歩いたり座ったりするといった複雑な行動をとることが多いですが、
目が開いていても本人がその症状を自覚していることはありません。

 

夢遊病の症状が出る前に、睡眠の遮断や睡眠の質が低下するなどの
頻度が増えていると、夢遊病を発症するリスクを高めると言われています。

 

夜驚症

突然の恐怖感により、怖がって金切り声をあげるとともに手足を振り回すという症状が現れます。
夢遊病を伴うことも多いとされています。

 

悪夢

小児においてよく見られる症状で、発熱時や過労時などに見られることが多い症状です。

 

REM睡眠行動障害

レム睡眠中に言葉と共に暴力的な動作を伴う症状です。
本人は、夢として恐ろしい幻視や幻触を見ていることが多いと言われています。
高齢者や中枢神経系変性疾患(パーキンソン病、アルツハイマー病など)の患者さんでよく見られます。

 

夜間のこむら返り

ふくらはぎや足の筋肉が睡眠中にこむら返りを起こすという症状です。
健康上特に問題のない中高年においてよく見られる症状です。

 

睡眠時随伴症の原因

小児において発症しやすい夢遊病や夜驚症のはっきりとした原因は、未だ判明していません。
一説では、ストレス(欲求不満や葛藤など)、発熱、疲労、喘息治療薬が原因とも言われています。

 

ただ、小児の睡眠時随伴症については、成長するに従って
自然と治ることが多いため、過度の心配は必要ないとされています。

 

ただ、大人の夜驚症の場合は、精神的に問題を抱えていたり、
アルコール依存症が原因であったりすることが多いため、注意が必要とされています。

 

また、REM睡眠行動障害は、過度のストレスや過料飲酒、
脳の病気、薬物の禁断症状などにより生じるということ分かっています。

 

睡眠時随伴症の対策

睡眠時随伴症の対策としては、専門医への相談が必須です。
特にREM睡眠行動障害については、患者本人だけではなく周囲の人も
患者の暴力によって怪我をする可能性が高いため、早期の対処が必要になります。

 

異常行動に気がついたら、まず大声で患者の名前を呼びながら体を揺すり、
無理やりにでも起こすようにしましょう。
レム睡眠中は眠りが浅いため目が覚めやすく、目が覚めれば異常行動は治まります。

 

病院を受診すると、薬物治療として抗てんかん薬が処方され、
この薬の服用後1週間ほどで約8割の患者の症状が緩和するとされています。

 

夜間のこむら返りに対しては、就寝前にふくらはぎなどを数分間ストレッチすることが有効と言われています。ストレッチは薬物治療よりも効果が早く、副作用もないため非常に効果的な対策法です。

 

小児の夢遊病や夜驚症は成長と共に自然に治ることが多いですし、特に害はありませんので、
一般的には怪我をしないように見守ることが対処法とされています。
発作中に無理やり叩き起こさず、そっと寝床まで導いてあげるようにしてください。

 

ただ、子供がストレス状態にあることに気がついたら、さりげなく心のケアをしてあげるようにしてくださいね。

関連ページ

レストレスレッグス症候群の原因と治療法
レストレスレッグス症候群の原因と治療法についてお伝えいたします。
知らないでは済まない!睡眠薬の副作用
睡眠薬には様々な副作用があることも事実です。睡眠薬の副作用をきちんと知っておきましょう。
寝付けない夜とお別れしよう!入眠障害の原因と改善策
眠りにまつわる症状の内、なかなか寝付けない「入眠障害」は自覚しやすい症状と言えます。その原因と改善策についてチェックしてみましょう。