睡眠薬の副作用

 

不眠によりどうしても眠れない時に睡眠薬を服用することがありますよね。
最近の睡眠薬は、以前のものと比べると安全性が向上していますので、安心して服用している方も多いかもしれません。
ですが、睡眠薬には様々な副作用があることも事実です。
睡眠薬の副作用をきちんと知っておき、適切な使用方法を守るようにしましょう。

 

眠気

夜に睡眠薬を服用して、眠気を起こさせるのは薬本来の効果ですが、朝起きてもまだ眠かったり、日中眠くて仕事に全く集中出来なかったり、という症状が出る方がいらっしゃいます。

 

このように、睡眠薬の効果が日中にも残ってしまう症状は「持ち越し効果」と呼ばれるもので、眠気の他にふらつきや集中力低下、だるさ、倦怠感といった症状を伴う場合が多いようです。

 

この持ち越し効果は、薬の効果がある時間が長いもの(半減期)ほど多く報告されている副作用です。
また、体質的に薬の代謝が遅い場合にこの副作用を生じることがあります。

 

もし、副作用を服用していて日中の眠気に悩まされているようであれば、半減期の短い睡眠薬に変えるなどして対応するようにしてくださいね。

 

耐性・依存性

睡眠薬の一番の問題とされている副作用が、この耐性や依存性の形成といったものです。

 

耐性

耐性とは、薬の服用を続けるうちに体が薬の効果に慣れてしまい、当初の服用量では眠ることが出来なくなってしまうという状態のことを言います。

 

依存

一方、依存性とは、薬の服用により次第にその薬なしではいられなくなり、日常生活に支障が出てしまうような状態のことを言います。

 

睡眠薬による耐性や依存性は、例えばアルコールなどと比較すると軽度なものであるため、医師の指示取りに服用していればそこまで心配する必要はありません。
ただ、自己判断で倍の量を飲んでしまったりすると、急速に耐性や依存性が形成されてしまう事態を招くことになります。

 

また、睡眠薬による耐性や依存性の形成はその服用期間が長期になればなるほどリスクが上がるとされています。
睡眠薬を服用する場合は、自己判断で勝手に内服量を増やしたり、漫然と飲み続けたりしないように注意することが大切です。

 

一過性の健忘症・朦朧状態

短時間型の睡眠薬では、まれに自分に記憶がないままに歩いたり会話したりするといった副作用を生じることがあります。
これは睡眠薬によって中途半端な覚醒状態が引き起こされてしまったことが原因です。

 

このような副作用は、急激に効果の出る短時間型の睡眠薬で起こりやすいとされています。
また、服用量が多い場合にも生じやすいと言われていますので、これらの副作用が心配な場合は別のタイプの副作用に切り替えたり、睡眠薬の服用量を見直すなどして対応を取るようにしてください。

関連ページ

睡眠時随伴症の原因と対策
睡眠時随伴症の原因と対策についてお伝えいたします。
レストレスレッグス症候群の原因と治療法
レストレスレッグス症候群の原因と治療法についてお伝えいたします。
寝付けない夜とお別れしよう!入眠障害の原因と改善策
眠りにまつわる症状の内、なかなか寝付けない「入眠障害」は自覚しやすい症状と言えます。その原因と改善策についてチェックしてみましょう。